読書の習慣をつけた方がいいといわれていますが、一体どうしてなんでしょうか。 それは、以下みたいなメリット(日本語では利点で、反対語はデメリットです)があるからです。 ・集中力を高めることが出来る ・読み書き能力や共感性の向上 ・漢字が読めるようになる ・文章が上手く書けるようになる ・人の気持ちが理解できるようになる ・ストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)の解消になる 読書をすることによって、集中力(自分なりに集中力を高めるための工夫をすることで、仕事や勉強の効率が上がるかもしれません)を高めることができます。 また、集中できる時間を長くする事も可能です。 読み書き能力や共感性を向上させることができますし、漢字の勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)にもなりますよ。 それに、ボキャブラリーが増えるため、文章を書くのが上手くなるというメリットもあります。 本の中には様々な登場人物の感情(時には大きく動かして、泣いたり笑ったりするのが健康にいいといわれています)が表現されているので、人の気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)が理解できるようになって、優しい子供に育つ可能性が高いです。 そして、意外かもしれないですが、読書はストレスの解消に向いていて、散歩をするよりもストレス発散にいいといわれています。 読書にはこういうメリットがあるので、本を読む習慣をつけた方がいいですー